ガードナー瑞穂

"Mia" Mizuho Gardner

Has ventured into many fields of creative art with her main emphases being on illustration and painting. She also has a special ability to prolifically produce art within set time constraints. Encouraged to pursue her natural artistic talent from a young age, she has studied oil painting, water color, and was commissioned for mural painting work before graduating from Takarazuka University of Art and Design (宝塚造形芸術大学 Takarazuka zōkei geijutsu daigaku) in Japan. After spending a year studying theatrical and glamour make-up doing face and body painting at a major theme park and other event venues in Osaka, Japan, she relocated to Orlando, Florida U.S.A. where she worked as a full-time artist for the major theme parks. While adjusting to living in American culture she continued to expand her ventures and experiences into acrylic painting. In particular, the prolific output of the 'Alley Cat' series granted her some local exposure through multiple gallery showings and exhibitions. During this period she also completed commercial illustrations for marketing Canyon Spice brand curry based in Japan. Upon returning to Japan she continues to keep busy as both a mother and an artist. Most recently she has been directing her focus upon plans for illustrating children's picture books.   イラストレーションと ’描くこと’ に重点をおきながらさまざまなクリエーティヴアートの世界に挑戦して今に至る。 とくに限られた時間内で多くのアートをうみだすことに類い稀な才能を発揮する。 幼い頃から、アートの才能をのばす環境にあり、油絵、水彩を学び、宝塚造形芸術大学卒業前には壁画アートの依頼を受けた。 劇場舞台メークを勉強のため、大阪での大手テーマパーク等でフェイスペインティング、及びボディーペインティングに一年の間携わった。 その後、アメリカフロリダ州オーランドへ移住。そこでも大手テーマパークで専属のアーティストとして働く。 アメリカでの生活に慣れながら、アーティストとしてさらにアクリル画へと分野の幅を広げていった。 特に、アレーキャット(野良猫)シリーズ と題した数々の絵は、オーランドでギャラリー展示や、展覧会を通じ現地の方々の目に触れる機会を得、アーティストしての地位を確立した。 時期を同じくして、キャニオンスパイス社(日本)のカレーの商品パッケージのイラストも手がけ、商業イラストの分野でも活躍する。 日本へ帰国後は、母、そしてアーティストとして忙しい日々を送りながら近年は絵本作家のイラストへと焦点をむけ活動中である。