コラム【いつも心に太陽を】- A taste of home

「特に海外で暮らしている場合は、心が不安定な時は特に幼少時代に食べた故郷の味A taste of homeが恋しくなるのです。・・・そのホームの懐かしい味が、孤独な心の癒しになり、海外暮らしで心が自分のルーツと切り離された状態で、糸の切れた凧のようになってしまった時に、一時的でも錨のような作用が働く安定剤になるのです。」
続きはこちら