コラム【いつも心に太陽を】- Like sunlight on water

「昨年の年末から先月にかけて、私の周りで身近で2人の死の知らせが続き、最近私は自分の残り時間について考えています。身近な人の死というものは、もう相手がいなくなってしまったということを頭では理解できても、心がどう頑張っても全くそれに追いつけないような、まるで人の頭と心は全く違うスピードで動いていて、その間には長い時差があるような気持ちになります。」
続きはこちら